役員報酬規程

公益社団法人栗原法人会役員等の報酬等規程

(目 的)

第1条 この規程は、公益社団法人栗原法人会(以下、「この法人」という。)の定款第28条の規定に基づき、役員等の報酬等に関して必要な事項を定めることを目的とし、一般社団法人及び一般財団法に関する法律並びに公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(以下、「一般法人法」という。)の規定に照らし、妥当性と透明性の確保を図ることとする。

 (定義等)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の定義は、当該各号に定めるところによる。

(1)役員とは、理事及び監事をいい、委員と併せて役員等という。

(2)報酬等とは、一般法人法第5条13号で定める報酬、賞与その他の職務遂行の対価として役員等が受ける財産上の利益であって、その名称のいかんを問わない。費用とは明確に区分されるものとする。

(3)費用とは、職務の遂行に伴い発生する旅費交通費(宿泊費含む)手数料等の経費

をいう。

 (報酬の支給)

第3条 役員等はこの法人の業務遂行のために、会長及び副会長の命により出張した場合、及

び関係団体等の開催する会議や研修会等への出張を命ぜられた場合、本規程の定めるところ

により報酬を支給する。

 (報酬等の額)

第4条 役員等への報酬等は、下表により支給する。

 

                区 分

         築館税務署管外出張

           築館税務署管内出張

            理事・監事・委員

                  2,500円

                                 0円

 

(報酬等の支給日及び方法)

第5条 報酬等の支払は、出張の都度、及び関係団体等の開催する会議や研修会等への出席の都度、通貨をもって本人に支給する。

 (改 廃)

第6条 この規程の改廃は、理事会の決議を経て社員総会の決議をもって行う。

 附 則

1 この規程の施行に関し、必要な事項は理事会の決議により別に定める。

2 この規程は、公益社団法人栗原法人会設立登記の日から施行する。