青年部会規約

公益社団法人栗原法人会青年部会規約

 〔名   称〕
第1条 本会は公益社団法人栗原法人会青年部会(以下本会と言う)と称する。
 〔事 務 所〕
第2条 本会の事務所は公益社団法人栗原法人会事務局内に置く。
 〔目   的〕
第3条 本会は公益社団法人栗原法人会の定款に定める目的に従って法人会活動を推進するとともに、
次代経営者の育成並びに部会員相互の親睦を図ることを目的とする。
 〔事   業〕
第4条 本会は前条の目的を達成するため次の事業を行う
 一 部会員の経理能力、税務並びに経営知識の向上を図るため講習会、研究会等を開催する。
 二 部会員の相互啓発を促進し、協調と連帯を深める。
 三 法人会活動を活発化するために事業活動並びに組織の拡充について積極的に本部活動を支援する。
 四 その他目的を達成するに必要な事業を行う。
 〔組   織〕
第5条 本会は、公益社団法人栗原法人会会員事業所のうち年齢50歳までの経営者ならびに
経営幹部で本会の趣旨に賛同する者を以って組織する。
 2〉但し、1会員事業所について3名を限度とする。
 〔加入・脱退〕
第6条 本会の加入・脱退は本人の自由意志による。
 2〉本会に加入を希望する者は申込書を提出し、幹事会の承認を得るものとする。
 3〉本会を脱退しようとするときは、所定の手続きにより幹事会の承認を得るものとする。
 4〉会員が年齢50歳に達した場合、その年度終了時に退会するものとする。
 5〉会員が会費を2年以上未納した場合は除名とする。
 〔役   員〕
第7条 本会に次の役員を置く。
幹  事 20名以内
うち   部会長    1名
      副部会長   3名以内
     会計幹事   1名
     直前部会長  1名を置くことができる
〔役員の選任及び任期〕
第8条 役員は総会において部会員のなかから選任する。
 2〉役員の任期は2年とし再任を妨げない。
3〉直前部会長は部会長退任後、次の部会長が退任するまでを限度とする。
 〔役員の職務〕
第9条 部会長は本会を代表し、会務を統括する。
 2〉副部会長は部会長を補佐し、部会長が事故あるときはその職務を代行する。
 3〉会計幹事は会務を掌理する。
 4〉幹事は総会の決議に従い本会の運営等を協議、執行する。2017042017
 〔顧問・相談役〕
第10条 本会に顧問及び相談役を置くことができる。
 2〉顧問及び相談役は幹事会の推薦により部会長が委嘱する。
 〔委員会〕
第11条 本会の事業を遂行するため委員会を置くことができる。
 2〉委員会の運営に関する規程は幹事会の議を経て別に定める。
 〔会 議〕
第12条 会議は総会、臨時総会及び幹事会として部会長がこれを招集し、議長となる。
 2〉総会は毎年、事業年度終了後1ヶ月以内に開催する。
 3〉会議は出席会員ならびに出席役員の過半数の同意を得て議決する。
 〔会 計〕
第13条 本会の経費は総会で定めた会費ならびに本部助成金、その他をもってこれにあてる。
但し、必要と認められる場合は臨時会費を微収することができる。
 2〉会費は原則として年1回、総会終了後速やかに納入するものとする。
 〔事業年度〕
第14条 本会の事業年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日で終わる。
 〔報 告〕
第15条 本会の総会議決事項については本部理事会に報告し承認を得るものとする。
 〔規約の変更〕
第16条 本規約は、総会において出席者の過半数の同意をもって変更し、本部理事会の承認を得て行うものとする。
 〔施行細目〕
第17条 本規約に定めのない事項については幹事会で協議する。

附  則
 1 本会の設立年度の事業年度は第14条の規定にかかわらず、設立総会の日から平成8年3月31日までとする。
 2 設立当初の役員の任期は平成8年度の通常総会の日までとする。
 3 本規約に定めのない事項については、役員会でこれを決定する。
 4 本規約は平成7年3月9日より執行する。
 5 本規約は平成10年4月22日より執行する。
 6 本規約は平成15年4月24日より執行する。
 7 本規約は平成24年4月24日より執行する。

 8 本規約は平成29年4月20日より執行する。